地域医療支援病院 赤磐医師会病院

〒709-0816 岡山県赤磐市下市 187-1 TEL:086-955-6688 FAX:086-955-4946
HOMEお問い合わせ・ご意見アクセスサイトマップ医師会HPへ

共同指導

当院は開放型病院として認定されていますので、開放型病院共同指導料を保険請求することができます。これは、開業医の診察に基づいて紹介した患者さんが厚生労働大臣の認定した開放型病院に入院中である場合に、主治医(紹介医)である開業医が病院に赴いて、その患者さんに対して診療・指導等を行ったときに算定できるものです。

1.開放型病床の利用について

赤磐医師会病院は全病床を開放病床として運用しています。
先生方が診察された患者さんに入院治療の必要が生じた場合、当院の医師と共に、外来・入院を通じて一貫した方針の下に治療が行えるように、ご利用いただいています。赤磐医師会会員だけでなく、他の医師会に所属する先生方も利用できますが、病床を利用し共同指導を実施する場合には、当院が地域医療支援病院として承認されているため、当院の「登録医」となっていただく必要があります。詳細につきましては地域医療連携室まで連絡いただければ、担当者が説明に伺います。

2.患者さんの紹介

(1)予約入院の場合、診療情報提供書は、入院時に保険証と共に持参するよう患者さんにお伝え下さい。またできるだけ午前中に来院して頂けるよう、併せて指示をお願いします。なお、診療情報提供書については事前に地域医療連携室宛に送付していただいても結構です。診療情報提供書を入院時までに届けられない場合は、FAXにて送信し、後日送付していただいても構いません。また緊急入院の場合、直接電話で担当医宛に症状等の連絡をお願いします。

(2) 開放型病床利用の患者さんへの説明

あらかじめ退院後の継続診療のために入院中に共同指導を行うことがある旨の説明をし、患者さんの同意を得ておいて下さい。
当院外来にて受診後、入院となることをお伝え下さい。
診療情報提供書、フィルム、検査デ-タ等は患者さんにお預け下さい。

3.共同指導の実施について

(1) 来院し、共同指導を実施する時間は制限をしていません。来院時に地域医療連携室にお立ち寄りいただければ、病棟などをご案内いたします。また白衣・名札が必要な場合は事前に連絡していただければ準備いたします。
但し、次の時間帯は休日夜間受付にお越し下さい。病室番号をご案内します。

月曜日~金曜日 17:00~翌日8:30
第1・3土曜日 12:30~翌日8:30
第2・4・5土曜日 日曜日 祝祭日 年末年始(12/29~1/3) 8:30~翌日8:30

(2)カルテ記載(共同指導) カルテに、「開放型病院共同指導」のゴム印(各ナ-スステ-ションに配備)を押し、診療内容を記載後、最後に必ず押印またはサインをお願いいたします。カルテの記載漏れにはご留意下さい。また検査等でカルテが所定の位置にない場合は近くのスタッフにお尋ね下さい。

(3)開放型病院共同指導実施票への記入
開放型病院共同指導実施票は入院カルテ表紙裏側に添付しています。来院時に紹介医師名を確認し、該当する日付の欄に○印を付けて下さい。但し、月末は保険請求の関係で17:00に共同指導実施票をはずしております。その場合はお手数ですが翌診療日に地域医療連携室までご連絡下さい。

(4)共同指導実施後
白衣・名札をご利用された時は地域医療連携室(時間外休日の場合は休日夜間受付)に返却して下さい。帰院後、ご自身の医院のカルテに必ず診療指導内容を記載して下さい。両院のカルテに記載する必要があります。

4.開放型病院共同指導料について

(1) 「開放型病院共同指導料」は、紹介医と当院の担当医が共同で診療治療及び指導を実施した場合に一日一回に限り算定できます。但し、患者さんが先生方の医院を受診後当院に入院し、同日に共同指導を実施して開放型病院共同指導料を算定した場合は、再診料、外来診療料及び往診料等は算定できません。

(2) 開放型病院共同指導料の請求
当院では月末又は患者さんの退院時に紹介医の共同指導回数を集計し、患者さんに請求します。共同指導料の一部負担金が発生する場合は当院が代理徴収します。
共同指導回数を集計した翌月初めに、先生方に前月の共同指導実施票(紹介医控)と入金確認伝票(入金控)をお届けしますので、共同指導回数と入金額の確認を行って下さい。確認後、紹介医側の指導料(開放型病院共同指導料Ⅰ)を保険請求して下さい。
代理徴収した一部負担金は、翌月始めに指定された銀行口座に振り込みます。

その他ご不明な点、不備等ございましたら地域医療連携室まで遠慮なくお知らせ下さい。

開放型病床の利用(ご利用の流れ)